フェイスリフトアップ専門> フェイスリフトアップの手術 の副作用 > フェイスリフトアップの副作用


フェイスリフトアップの副作用

フェイスリフトアップは手術のひとつです。

フェイスリフトアップで生じる副作用は剥離された部位の知覚鈍麻や手術による傷跡などです。
知覚鈍麻や手術による傷跡は時間と共に解決していきます。

フェイスリフトアップの副作用として一番多いのは血腫です。血腫とは手術した部分に血がたまることです。

血腫の程度がひいと皮膚の壊死というトラブルがあります。
壊死は血行不良で皮膚が黒くなり死んでしまうのです。

フェイスリフトアップの副作用として次に問題なのは、顔面のゆがみ(顔面神経麻痺)や皮膚がぴりぴりする(知覚障害)ことがあります。
これは手術をする上で100%回避することはできず、自然治癒を待つしかありません。
1年ほど経っても改善しない場合は、後遺症になってしまうこともあります。

フェイスリフトアップのそのほかの副作用には傷あとが目立ったり、皮膚をひっぱりすぎて耳の変形やつり目になってしまうこともあります。



前の記事:
次の記事:
HOME: フェイスリフトアップ専門




 

Copyright © 2006 フェイスリフトアップ専門. All rights reserved