フェイスリフトアップ専門> フェイスリフトアップとは > フェイスリフトアップの手法


フェイスリフトアップの手法

フェイスリフトアップの手法には

(1)内視鏡を用いたフェイスリフトアップ
(2)SMASと呼ばれる組織を引き上げ顔に張りを持たせるフェイスリフトアップ
(3)骨膜下に顔全体の挙上をはかるフェイスリフトアップ

など数多くのフェイスリフトアップが開発されています。

一般的なフェイスリフトアップの方法としては側頭部から後頭部にかけての切開線から皮膚を挙上し、ゆるんでいるSMASという中顔面の新組織を引き上げさらに余分な皮膚を切開線に沿って切り取るという方法です。
この他、フェイスリフトアップの中でもミニリフトといって、側頭部の有毛頭皮を一定幅切除して縫合する方法があります。

これらのフェイスリフトアップ手法は希望や特に気にしている点、欠点などを考慮し手術計画が作られます。

フェイスリフトアップで切開する箇所についても・小さく髪の中だけに加えられるものから、・典型的に頭部から耳腺部さらに・耳後部、後頭部毛生え際に向けて加えられる切開線などが用いられます。

フェイスリフトアップの手術と同時に、上下の瞼や額のシワに対する手術なども併せて行われることもあります。
フェイスリフトアップ手術の組み合わせや方法を相談しながら進められます。

フェイスリフトアップの手術を受ける方は40〜50歳前後が最も多くなっています。



前の記事: « フェイスリフトアップとは
次の記事: フェイスリフトアップの効果 »
HOME: フェイスリフトアップ専門




 

Copyright © 2006 フェイスリフトアップ専門. All rights reserved